Pattoを使った開発の流れ

Pattoの標準機能は予め用意されており、
それを組み合わせるだけでアプリを作成することができるため、
通常のアプリ開発に比べてスピーディーにアプリを制作することができます。

  • Pattoを使ったアプリ制作
  • ゼロからアプリ開発(参考)
利用機能の決定
ご要件・ご要望を伺い、利用する機能をご提案致します。
カスタマイズが必要な場合は、要件を確定します。
1日〜1週間程度
お見積り・スケジュール
利用する機能・カスタマイズ有無に応じて、
お見積り及びスケジュールを作成します。
1〜2日程度
セットアップ
アプリ機能の設定や管理画面の準備を行います。
基本的に弊社側での作業です。
カスタマイズが必要な場合はあわせて開発も行います。
1日〜1週間程度
デザイン制作
アプリのデザインを制作します。
お客様で制作したものを組み込むことも可能ですし、
弊社で制作から承る事も可能です。
1〜2週間程度
テスト
アプリのテストを行います。
基本機能はテスト済みですので、簡単な動作確認だけで済みます。
リリース前に最終的にお客様にもご確認頂けます。
1〜2週間程度
アカウント準備
アプリを配信するための
Apple Developer Program・Google Playアカウントを作成します。
弊社にてアカウント取得を代行することも可能です。
1日〜1週間程度
リリース・運用
Apple・Googleへアプリを申請し、公開され次第、運用開始です。
申請作業は弊社で行います。
要件定義
要件をヒアリングし要件定義を行います。
アプリ側の機能及び運用のための仕組みを検討します。
2週間〜1ヶ月程度
お見積り・スケジュール
要件定義を元に、
開発費用のお見積り及び
スケジュールを作成します。
1週間程度
設計・開発
要件をヒアリングし要件定義を行います。
アプリ側の機能及び運用のための仕組みを検討します。
1ヶ月〜2ヶ月
デザイン制作
アプリのデザインを制作します。
お客様で制作したものを組み込むことも可能ですし、
弊社で制作から承る事も可能です。
2週間〜1ヶ月
テスト
ゼロから開発しているため、
単体テスト・結合テストを入念に行います。
弊社側でテストを行い、最終的にお客様にもご確認頂きます。
2週間〜1ヶ月
アカウント準備
アプリを配信するための
Apple Developer Program・Google Playアカウントを作成します。
弊社にてアカウント取得を代行することも可能です。
1日〜1週間程度
リリース・運用
Apple・Googleへアプリを申請し、
公開され次第、運用開始です。
申請作業は弊社で行います。
*上記は標準的な例で、いずれも、状況に応じて、進め方や期間は異なります。
*iPhoneアプリの場合は、Appleの審査があり、申請から審査完了まで1〜2日前後かかります。また、コンテンツ内容によってはリジェクト(不合格)になることもあります。
TOP