FAQ


Webサイトのスマホ対応ではだめですか?

Webサイトとアプリでは、得意とする分野が異なります。

Webサイトの場合、広告・SEO・ソーシャル等からの流入が期待できます。しかし、多くのユーザは、スマホでブラウザを立ち上げて使うことが少ないため、リピート率が非常に低いです。

一方アプリは、新規ユーザの獲得は苦手ですが、常にアプリが手元にあるため、気に入ってくれたユーザは繰り返し使ってくれます。

そのため、Webサイトで新規ユーザを獲得し、アプリでリピート率を高めるという役割分担が最適です。


WebサイトのCMSではないのですか?

いいえ、PattoはアプリのCMSですのでWebサイト向けではありません。
AppStoreやGoogle Playからダウンロードするアプリのコンテンツを管理することができます。


カスタマイズするとどのくらい費用がかかるのですか?

カスタマイズの内容によって異なります。

しかし、アプリとしての共通部分はPattoが提供しているため、ゼロから開発する場合に比べて大幅にコストは削減できます。


基本機能とオプション機能の違いは何ですか?

基本機能は、標準料金の中で使える機能です。

オプション機能は、機能ごとに料金が設定されており、標準料金にプラスすることで利用出来るようになります。もちろん、途中から追加することも可能です。


すぐにアプリを出すことができるのですか?

カスタマイズせず、標準機能のみを使う場合はすぐに準備ができます。

ただ、アプリの準備だけではなく、デザイン・コンテンツの準備も必要ですので、ある程度余裕をもってお問い合わせください。


管理画面からアプリのデザインを変えることができるのですか?

いいえ、管理画面からアプリのデザインは変更できません。
デザインは弊社で組み込み作業を行います。

iPhoneアプリの場合、Appleの審査基準が厳しく、ガイドラインに沿ったUIでないと審査で不合格となってしまいます。そのため、弊社のノウハウを元に、アドバイスさせて頂きます。


全てのスマホ端末に対応しているのですか?

いいえ、全てのスマホ端末に対応しているわけではありません。

対象OSはiOS9以降、Android4.4以降です。(※随時変更になる可能性あり)

また、Androidは、メーカーによってカスタマイズしていたり、極端にハードウェアのスペックが悪いものがあるため、全ての端末での動作保証はしておりません。

端末シェアを元に、主要端末は実機での動作確認をしているため、多くのケースにおいては問題はありません。


Appleの審査に通らない場合はどうなるのですか?

Appleの審査は非常に流動的なため、確実に審査が通るという保証はできません。

技術的な理由により審査に不合格となった場合は、弊社負担で対応して再度申請を致します。
コンテンツの内容が問題で不合格となった場合、2回までは初期費用内で申請を行いますが、2回不合格となり、再度再申請する場合は、別途費用を頂きます。


iPhoneまたはAndroidのどちらかだけでいいのですが。

どちらかのアプリのみをリリースすることは可能です。

しかし、Pattoは、iPhoneもAndroidも同じ仕組みで動いているため、料金体系は同一です。

 

TOP