スマホアプリをビジネスに活かすブログ

まとめ iPhoneアプリ スマホ市場動向 Androidアプリ
2017年09月25日

iOS 11 vs Android 8.0(Oreo)最新スマホOSを徹底比較



Googleが8月22日(日本時間)に最新モバイルOS「Android 8.0 Oreo」を、一方AppleはiPhone 8/8 Plusの発売前の9月20日(日本時間)にiOS 11を正式リリースしました。 皆既日食に合わせて発表されたAndroid 8.0(Oreo)は日食から生まれたスーパーヒーローという設定らしいです。

Googleの専用ページには Smarter, faster, more powerful and sweeter than ever.(より安全で、速く、パワフルで、かつてないほどに甘い。) とあり、新機能がまとめられています。
一方のAppleの公式サイトには、iOS 11を搭載するiPhoneとiPadは、 間違いなくこれまでで最もパワフルで、最もパーソナルで、最も賢いデバイスです。 とあります。
...謳い文句、似ていますね(笑) それぞれどのような新機能があるのかまとめていきたいと思います。

Android 8.0についにiOSのバッジ機能が搭載

Android 8.0(Oreo)でついに通知が来ていることを知らせるドットが表示されるようになりました。iOSでは初代から搭載されているバッジ機能です。
また、アイコン長押しでポップアップメニューにタスク表示されるようになりました。iOSの3D Touchの機能と同じイメージです。

バッジ機能はユーザにアプリ起動を促すのにとても有効な手段といえるので、サードパーティ製のアプリでは今までも採用されていましたがやっと標準機能として搭載されたという感じです。 

出典:Google Japan Blog

デザイン面ではAppleの改善が目立つ

デザイン面ではiOSのコントロールセンターが大きく改善されています。
UIが大幅に変更され、1ページ構成となり自由にカスタマイズ可能となりました。メモやアラームなどApple標準アプリのショートカットを置くことも可能です。
また、App Storeのデザインも大きく変更されています。
今までの「おすすめ」「カテゴリ」「ランキング」「検索」「アップデート」タブが 「Today」「ゲーム」「アプリ」「アップデート」「検索」に変わっています。ゲームとゲーム以外のアプリをそれぞれ別タブにしている点が特徴的です。
また「App Store」「カメラ」「iTunes Store」など一部の標準アプリのアイコンも変更されています。シンプルになったというか、コントロールセンターのUIも含め丸みにのあるデザインによって少し可愛らしさが増したという印象を受けます。

Android 8.0ではiOSほどの改善はありませんが、システム設定のUIは大幅に変更され、設定項目もよりシンプルとなっています。 
   

出典:Apple newsroom

人工知能(AI)がより進化している

Androidでは「Googleアシスタント」、iPhoneでは「Siri」が対話システムとして搭載済みですが、今後はこの分野がますます進化していくと思われます。
Android 8.0ではコピペをダブルタップによってできるようになり、その選択範囲をAIがよろしく判断し、マップや電話を起動してくれる「Copy-Less-Paste」機能が搭載されています。

一方iOS 11ではSiriがより進化し、より自然な音声で話すようになり、英語と中国語、イタリア語、ドイツ語、フランス語、スペイン語の間の翻訳もできるようになっています。言語の選択肢は今後も広がっていく予定です。 


さらばiOSの32bit版。古いアプリは起動不可に

AppleはiOS 10以降32bit版アプリ起動時にたびたび警告表示するようにしていました。
そしてついにiOS 11でアップデートしていない古いアプリは起動できないようになっています。

これによってiOSアプリ全体の8%に相当する18万本以上のアプリ(大半がゲームアプリ)が起動しなくなると推測されています。 
参考: iPhone Mania

Android 9.0の開発が既に始動

Android 8.0がリリースされたばかりですが、Android 9.0の開発が本格化しているようです。
コードネームはAndroid P。
ちなみにAndroidではこれまでお菓子の名前をコードネームとしてアルファベット順につけられてきています。

Android1.5のカップケーキ(C)に始まり、ドーナツ(D)、エクレア(E)、フローズンヨーグルト(F)、ジンジャーブレッド(G)、ハニカム(北米のシリアル食品)(H)、アイスクリームサンド(I)、ジェリービーンズ(J)、キットカット(K)、ロリポップ(L)、マシュマロ(M)、ヌガー(N)、オレオ(O) 

各OSについては公式サイトで確認できます。

気が早いですがPのお菓子は何になるんでしょうか。プリン?ポッキー?Pは候補がたくさんありそうです。


まとめ

両OSの全ての新機能については以下から確認できます。


両OSともに良い点を模してきており、人工知能(AI)面の強化を進めているという印象です。
また、Appleからは先日iPhone 8、iPhone 8 Plus、10周年を記念したモデルiPhone Xが発表され、Googleからは純正スマホPixel 2、Pixel 2 XLが発表予定です。こちらの勝負にも注目したいところです。

TOP