Patto事例紹介

店舗検索 記事 イメージギャラリー バナー プッシュ通知 カスタムデザイン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お台場ガイドマップ

「お台場ガイドマップ」アプリは、GPSに連動して、地図上に店舗・スポットなどを表示することができる観光地向け機能を活用した観光ガイドマップアプリです。

スマホアプリCMS「Patto」の観光地向け機能を活用したお台場ガイドマップ

 

相性のいい観光地とスマホアプリ

「不慣れな土地で道に迷った」
「少し空き時間ができたけど、すぐ近くの観光地がわからなくて時間を有効に使えなかった」

旅行に行った際、少なからずこういう経験があるのではないでしょうか。

観光ガイドマップアプリでは、現在地(GPS情報)から周辺の観光スポットや店舗を表示することができ、また、そこから、店舗の詳細を確認したり、電話をかけたりすることができます。

体系的に整理された紙のガイドマップは、事前準備でじっくり時間をかけて調べるには適していますが、現地で、旬な情報や現在地に合わせた情報を得るにはスマホアプリは非常に向いています。実際に観光地に来た時に役に立つ情報を発信することで、現地での観光もスムーズになり、より地元の活性化にもつながります。

 

低価格、かつ、自分たちで更新できる

これまでは、スマートフォンが普及しているからといって、どこでも簡単にスマホアプリを制作できるわけではありませんでした。しかし、Pattoを使うと、低価格でアプリを制作することができ、また、ウェブベースの管理画面から自分たちで情報を更新していくことができるため、情報が陳腐化せず、旬な情報・地元ならでは情報を届けることができます。

 

デザインの自由度が高いので世界観を作れる

自由なデザイン「簡単にアプリを作れる仕組みだと、デザインが固定されていて、色の変更くらいしかできないのではないか。それでは、地元をアピールできない。」

 

Pattoを使うとそんな心配は無用です。トップ画面は基本的に自由にデザインすることができるため、ターゲットに合わせて、オシャレな雑誌風にすることもできますし、地元のイメージや特徴を全面に出したデザインにすることもできます。

 

 

 

 

 

 

ガイドマップだけではなく地元情報アプリとしても活用

ガイドマップ機能だけではなく、Patto標準の記事機能を使ってオススメスポットやお土産情報を紹介したり、フォト機能を使って自慢の観光スポットの写真を紹介するなど、観光地をアピールする総合的な情報発信アプリとしても活用することができます。

旅行に移動はつきものです。紙のガイドマップだと、一人一冊持っていることは少ないですが、スマホアプリだと、各自が移動中などに気軽に見ることができ、新たな発見、そして誘客へと繋がることが期待出来ます。

appstore appstore
TOP