スマホアプリを
ビジネスに活かすブログ

Androidアプリ iPhoneアプリ スマホアプリ制作
2014年12月12日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプリ制作前に知っておくべきiPhoneアプリとAndroidアプリの違い

18707864_m_list

アプリを作りたいと思った時に、iPhone版とAndroid版と両方出したいと考えるのがほとんどだと思います。
そもそもiPhoneアプリとAndroidアプリは一体何が違うのでしょうか。
一般的な違いからちょっとした違いも含めまとめてみました。


申請時

大きな違いとしては、申請時にiPhoneアプリにはAppleの審査があり、Androidアプリには審査がありません。
Androidアプリが審査なしでリリースできるというのはメリットではありますが、審査がない分悪質なアプリも存在しているのが実情です。Googleも健全なプラットフォームとするために悪質なアプリに対しての取り締まりは強化しているようですが、リリース前にチェックしてもらえるかリリース後のチェックになるかという違いは大きいですね。
そういう意味でiPhoneアプリは審査期間はデメリットですが、その分安全性の確保ができます。

申請や審査時の違いについて、詳しくは「【アプリ企画者向け】スマホアプリを制作したいと思った時に最初に知っておくべき10のこと」をご覧ください。


販売ストア

iPhoneアプリはAppleの「App Store」、AndroidアプリはGoogleの「Google Play」でそれぞれ販売されます。

ちなみに現在のアプリ登録数は以下の通りです。
■アプリ登録数
App Store:120万本(2014年6月発表)
Google Play:150万本(2014年6月発表)
出典:ITmedia Mobile


 アイコン

iPhoneアプリのアイコンは全て角丸の四角いアイコンです。これは正方形画像をアップロードするとApple側で自動で角丸にして表示してくれるのです。
対してAndroidアプリのアイコンはiPhoneに比べるとカスタマイズ性が高いです。規定サイズ内なら四角でなくても良く、背景を透過させてさまざまな形が表現できます。とはいえあまりに違うデザインにしてしまうとブランディング的にマイナスになる可能性もあるので気をつけましょう。

iOSヒューマンインターフェイス ガイドライン
Androidアプリアイコンデザイン ガイドライン

ちなみにホーム画面のアイコン下に表示するタイトル文字数にも微妙に違いがあります。
■iPhoneの場合
全角:6文字以内
英数字半角小文字:12文字前後
英数字半角大文字:10文字前後

■Androidの場合
全角のみ:6文字以内
半角のみ:12文字前後

「前後」としているのは設定する文字によって入る場合と入らない場合があり、実際は試してみないとわからない部分があるためです。
※文字数を超えた場合は末尾が「…」で表示されます。
以前リリースした「ザ・ニュースペーパー」アプリはAndroidでは半角カタカナの「ザ・ニュースペーパー」で入ったのですが、iPhoneではカンマ抜きでないと入らなかったため共通でカンマ無しの「ザニュースペーパー」としました。


 プッシュ通知

iPhoneは端末の設定でアプリ毎にユーザの好みに合わせた細かい通知設定が可能です。
Androidは標準では上部に表示されるiPhoneで言うところのバナー表示のみで、通知のON/OFFもアプリ側で実装しなければいけません。
ちなみに最近発表されたAndroid 5.0(Lolipop)からはロック画面への通知ができるなど機能が強化されているようです。

IMG_6974


 戻るボタン

Androidの場合は標準で端末に戻るボタンが付いているので、それによって前画面に戻る事ができます。(アプリ内で別に実装もできます。)対してiPhoneの場合、馴染みがあるのは上部のナビゲーションバーの左側のボタンによる戻りですね。iPhoneは端末自体に戻るボタンがないので、アプリ内で戻れるように実装してあげなければいけません。
戻るボタン


日本のスマホ販売シェアは現在、iPhoneとAndroidで半々くらいの比率です。(2014年10月現在)
出典:Kantar Worldpanelの「Smartphone OS market share」

現状アプリを制作するとなれば双方に対応するのが一般的でしょう。
今回まとめたものが全てではありませんが、一括りに「スマホアプリ」と言っても異なる部分もあれば、逆に共通する部分もたくさんあります。それぞれの特徴を理解した上でどういったアプリ、どういったUIにするのか検討していくのが良いでしょう。

TOP