スマホアプリを
ビジネスに活かすブログ

スマホアプリ開発
2013年06月11日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【iOS7発表!】iPhoneアプリの企画・開発という視点で影響を整理してみました(速報編)

ios-71_list

WWDCでiOS7が発表されましたね。
新機能や特長はニュースサイトなどでたくさんまとめられていますので、iPhoneアプリ開発という視点で、影響を考えてみたいと思います。

まだ、ベータを触っておらず、発表内容ベースなので「速報編」です。

 

 

* 画像引用元:http://www.apple.com/ios/ios7/design/

 

デザインの大幅な刷新

フラットデザインが採用され、デザインが一新されました。
これが一番影響が大きいですね。

iOS7がリリースされた後も、しばらくの間、iOS6以前のOSは残ります。今までの経験では、最低でも2世代のバージョンまではサポートします。そのため、iOS6とiOS7という全くデザインが異なるOS上に同一のアプリが動くことになります。

基本的には新しいUIに寄せる形になると思いますが、iOS6でもそれなりに見えるデザインにするか、iOS7に完全に寄せてしまうか、悩ましいところです。

しばらくは他のアプリの動向やユーザの反応を見つつ考えることになりそうです。

 

リリース済みアプリのアイコンデザイン

ホーム画面に表示されるアプリのアイコンで自動的に光沢を設定している場合、iOS7では光沢がなくなるのではないかと思います。(予想)

ただ、アイコンのデザインとして独自に光沢や立体感を出していた場合、そのままiOS7に載せると、かなり違和感が出てしまいそうです。

 

「1500のAPIが追加」「バックグラウンド実行が可能に」

アプリ開発者としては、バックグラウンド実行は、欲しかった機能の一つです。また、多くのAPIも追加されているようで、色々と可能性が広がりそうです。

ただ、当面は、iOS6が残りますので、どのタイミングで新しい機能を活用するか、アプリの企画やユーザ層から検討する必要がありそうです。

 

アプリの自動アップデート

これは開発者にとっては嬉しいですね。

「アプリをアップデートしてくれいないユーザ」というのは一定数存在したため、いつまでも古いバージョンのアプリの存在を意識する必要がありました。

しかし、これによって、その問題はかなり解消されると思われます。

もちろん、iOS7がリリースされても、古いOSが残るため、すぐにとはいかないですが、今後、1〜2年の間で、だいぶ、移行されるものと思われます。

 

iPhone3GSが対象外に

iOS7から、ついに、iPhone 3GSが対象外となりました。このタイミングで、アプリとしても、iPhone 3GSは対象外にしても問題ないかと思います。

元々、数はかなり少ないですが、ちょうど良いタイミングかと思います。

 

iOS5以前はそろそろサポートしなくてOK?

iOS7とは直接関係ないですが、Appleの発表とは直接関係ないですが、iOS6を使用しているユーザが93%!まだiOS5を使っている人はわずか6%だそうです。

参考)[ #WWDC2013 ]iOSユーザーのOSアップデート率93%、対してAndroidは…

この数字はかなり驚きでした。
全世界での数字なので、日本に限定した場合はまた違うかもしれませんが、iOS5がアプリの開発上問題になるようであれば、対象外にしてしまっても問題ないかもしれません。

 

本日から開発者向けにベータの提供が始まっていますので、早速会社のiPhoneに入れて、色々検証したいと思います。

 

 

 

TOP