スマホアプリを
ビジネスに活かすブログ

まとめ スマホアプリ開発 スマホシェア スマホ市場動向
2015年02月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホでECを利用する女性が増えている5つの理由

18184842_m_list

前回はスマホEC市場の盛り上がりについてまとめましたが、今回はその中でも「女性」の利用率の高さに注目してみたいと思います。

モバイルECがPCに取って代わりスタンダードとなりつつある現在ですが、その中でも女性の利用率の増加にはどんな要因が考えられるでしょうか。
ファッション、雑貨、食品など女性が主なターゲットとなり得るECサービスにおいて、その利用動向を知っておくことは必要不可欠です。

なんとなく、女性 = 買い物好きという方程式は成り立つ気がしますが、具体的どのような傾向にあるのかまとめてみました。

 1.そもそも女性のスマホ保有率が増えている

下記の定期調査を見てもわかる通り、2013年には3%弱だった男女差が2014年には10%以上になり、その差がかなり開いていることがわかります。
ちなみにこの間のスマートフォン保有率は男女合わせて45.6%→58.1%とかなり保有率自体も増加しています。
smartphone_gender_percent
出典: 博報堂DYグループ・スマートデバイス・ビジネスセンター、「全国スマートフォンユーザー1000人定期調査」

 

 2.女性のスマホ利用時間は長い

女性20代は3時間以内が27.0%で他の年代に比べて著しく多いのに加え、「3時間以内」「それ以上」を見ても男性に比べ女性がほとんどの世代で上回っていることがわかります。
スマートフォン利用に関するインターネット調査
出典:楽天リサーチ「スマートフォン利用に関するインターネット調査」

最近では「女子高校生のスマホ利用1日7時間」というような調査結果も出て話題となっています。
ECサービスのターゲット層は20代以上が多いと思いますが、今後そこへ入ってくる世代の利用動向にも注目です。
参考:デジタルアーツ「携帯電話・スマートフォン利用実態調査」

 

 3.中高年世代の女性もスマホを使いこなしている

40代以上の女性もガラケーからスマホへの移行が進み、なおかつ使いこなせていると感じているようです。購入意欲や購入後の満足度からしても、今後ますます中高年世代のスマホ保有率、利用時間も増えると考えられます。40代以上女性のスマホ・携帯電話利用に関するアンケート調査

 

出典:BIGLOBE「40代以上女性のスマホ・携帯電話利用に関するアンケート調査」

 

 4.女性は買い物が好き

そもそもなぜ女性は買い物が好きなのか?

一般的に男女の脳の違いと言われています。
男性は効率よく買物したいという『目的買い』(比較検討してベストなモノを選択する、スペック重視)に対して女性は目移りしている時間も楽しんでいる『回遊買い』をする傾向にあるようです。
流行や芸能人が使っているなどイメージに影響され購入するというような「同調行動」をするのも特徴です。

歩きまわらずとも店舗をはしごできてしまうECサービスは女性脳の特徴にとてもマッチしていると言えます。

 5.女性は衝動買いしやすい

上記の続きですが、女性の脳は男性に比べて物欲度が高いそうです。
何かを手に入れることで満足感を得る機能が強いので、結果的に目的のものを買っていなかったとしても何かが買えたという事自体に満足する女性も多いのです。
女性の『ストレス解消法』に「買い物」が挙がる事が多いのはこのためです。
思わず予定にないものを買ってしまう「衝動買い」にもこのような心理が少なからず影響していると考えられます。

ちなみにスマートフォンで最も衝動買いをするのは30代女性だそうです。
仲間内での会話の盛り上がりから購入というパターンもあるようですが同調行動の一種でしょう。
参考:NTTアド「スマホによる衝動買いに関する調査」

 まとめ

スマートフォンレポート
出典:株式会社ドコモ・インサイトマーケティング「スマートフォンレポート vol.11」

これらの理由が上グラフのようなスマホでECを利用する女性が多いという調査結果にもつながっているのではないでしょうか。
女性のスマホEC利用は今後まだまだ各世代において増加していくと予想されます。
サービス提供者にはより女性にリーチできるようなUIであったり、アクセシビリティを重視した使いやすいスマホサイト・アプリが求められるでしょう。

TOP